中卒サラリーマンが副業でお金を稼いでみる!

将来の為に今やるしかない(๑•̀ㅂ•́)و✧

バイナリーオプション専門用語解説!これを読めば一人前♪

 

f:id:sevendream:20180825200417j:plain

バイナリーオプションをやっていると、色々な専門用語が出てきますね。

これは、FXなどで使われている投資用語です。

 

FXをやったことがない全くの初心者にとっては

ちょっと難しいと感じるのではないでしょうか?

 

しかし、バイナリーオプションで勝つためには理解しておくことが必要です。

今回はバイナリーオプションでよく使われている専門用語を

優しく解説していこうと思います。

 

¥1000 min trade: black

 

終値

「おわりね」と読みます。その日の取引で一番最後に取引された際の金額のことです。時間単位で使われることもあります。

アールエスアイ

RSI(RelativeStrengthIndex)相場でその通貨が売られ過ぎか

買われ過ぎかを表すオシレーター系のインジケーター。

一般的に70の数値を超えると買われ過ぎ、

20の数値を下回ると売られ過ぎと判断されています。

陰線

価格が下降している時ローソク足のことです。

インジケーター

為替の値動きを数値化したもので、チャートに表示して、

為替売買の判断をする時の目安として使われます。

テクニカル指標と呼ばれることもあります。

トレンド系とオシレーター系があり、ボリンジャーバンド、RSI、ADX、一目均衡表、ストキャスティクスなどがよく使われています。

移動平均線

一定期間の価格の平均値を線で表したもので、

トレンドの方向を見極めるのに役立ちます。

期間は20日、14日など好みで設定でき、

一般的に短期、中期、長期の3本の移動平均線をチャートに

表示することが多いです。

一目均衡表

日本人が開発したテクニカル指標の1つで、転換線、基準線、

先行スパン、遅行スパンで構成されています。

いつ相場が転換するかを判断するのに役立ちます。

エーディーエックス

ADX(AverageDirectionalMovementIndex)トレンドの強さや方向を判断するのに役立つトレンド系の指標です。

ADX線、+DI、-DIの3本の線で構成されていて、

ADX線が50を超えると強いトレンドが起きていると判断します。

また、+DIで買い、-DIで売りの強さを確認することができます。

エクスパンション

レンジ相場でトレンドが発生して、

ボリンジャーバンドが広がる現象のことです。

f:id:sevendream:20180825200726j:plain

逆張り

バイナリーオプション取引の手法の1つで、相場が売りから買い、

買いから売りへと反発するところを狙って取引をします。

経済指標

経済を様々な要因ごとに数値化している指標のことで、

その数値を見ることで、その国の経済状況を判断することができます。そのため、経済指標が発表される時は、相場の動向が激しくなり、

トレンドが発生しやすくなります。

一目均衡表の2種類の先行スパンで構成されているもので、

相場の動きを判断するのに役立ちますが、

雲自体がサポート、レジスタンスラインの働きをするので、

チャートに表示させているトレーダーはとても多いです。

ゴールデンクロス

短期の移動平均線が中期の移動平均線とクロスして

上に抜ける現象のことです。

買いが強まっていることを示しますので、

Highのエントリーポイントになります。

f:id:sevendream:20180825200754j:plain

順張り

バイナリーオプション取引の手法の1つで、

上昇トレンドならHigh、下降トレンドならLowというように、

相場の動きに合わせてエントリーします。

テクニカル

相場の動きをインジケーターなどを参考に分析することです。

サポートライン

相場の値動きが反発すると思われる安値のラインのことです。

下値抵抗線と呼ばれることもあります。

ストキャスティクス

相場で売られ過ぎ、買われ過ぎを判断するのに良く利用される

インジケーターです。

%Kと%Dの2本のラインで表示されていて、

一般的に%Kが75%のラインを超えると買われ過ぎ、

25%のラインを下回ると売られ過ぎと判断されます。

また、2本のラインがクロスすると相場の転換が起こりやすいです。

スクイーズ

レンジ相場でボリンジャーバンドが一層狭くなる現象のことです。

スクイーズは、主にトレンドが発生する前に起こります。

f:id:sevendream:20180825200818j:plain

 

チャート

相場の動きをグラフにしたもので、為替取引には欠かせないものです。代表的なチャートはローソク足ですが、

他にもラインやバーなど様々なチャートが存在します。

トレンド

為替相場の動き、流れのことをいいます。

価格の上昇が続いていれば上昇トレンド。

下降していれば下降トレンドと呼ばれます。

高値

一定の期間、時間で取引された一番高い価格のことです。

デッドクロス

短期の移動平均線が中期の移動平均線とクロスして

下に抜ける現象のことです。

売りが強まっていることを示しますので

Lowのエントリーポイントになります。

 

f:id:sevendream:20180825200901j:plain

仲値

その日の為替レートになる価格のことで、午前10時に決定されます。

転売

ハイローオーストラリアのHighLow取引で利用できるシステムで、

判定を待たずに、取引を終了させることができます。

リスクカット、利確する目的で使用されます。

f:id:sevendream:20180825200927j:plain

始値

「はじまりね、はじめね」などと読まれています。

その日の取引で一番最初に取引された際の金額のことです。

時間単位で使われることもあります。

ペイアウト倍率

バイナリーオプションで勝った時に貰えるバック率のことです。

ハイローオーストラリアでは1.8倍~2倍となっています。

判定

エントリーした時の価格が取引終了時の価格より

上か下かを確認することをいいます。

ボリンジャーバンド

相場の動きを標準偏差と移動平均線で構成されている

インジケーターで、値動きの幅を表しています。

 

移動平均線を中心にして±1σ(シグマ)~±3σを表示する人が多く、±1σまでに価格が収まる確率は約68.2%、

±2σまでに収まる確率は約95.4%と言われています。

ですから、±2σに価格が達すると、売りや買いが入って、

反転しやすいと判断できます。

f:id:sevendream:20180825200953j:plain

マーチンゲール法

元々はギャンブルで使用されていたお金の掛け方の1つで、

負けた時に資金を取り戻すために、

掛け金を倍掛けしていくという手法になります。

 

バイナリーオプションでもマーチンゲール法を利用して

取引を行う人は多いですが、

失敗して資金を溶かしてしまう人も多いため、

あまり奨励されていません。

どうしても利用する場合は、2回が限度でしょう。

マックディー

MACD。買いと売りの強さを判断するのに良く利用されている

インジケーターです。シグナルと呼ばれる線も同時に表示されますが、MACDとそのシグナルが重なる時が相場の転換期でエントリーポイントとなります。

 

f:id:sevendream:20180825201020j:plain

陽線

価格が上昇しているときのローソク足のことです。

安値

一定の期間、時間で取引された一番安い価格のことです。

f:id:sevendream:20180825201041j:plain

ローソク足

江戸時代に日本人が考案した相場の値動きを示す指標。

形がローソクに似ているので、ローソク足と呼ばれています。

ローソク足を見るだけで、一定期間の値動きが一目で分かるため、

世界中で愛用されています。

レジスタンスライン

相場の値動きが反発すると思われる高値のラインのことです。

上値抵抗線と呼ばれることもあります。

レンジ

一定の価格幅で値動きする相場のことをいいます。

ボックス相場とも呼ばれますが、

トレンドのように上昇や下降を続けるのではなく、

上がったり下がったりを定期的に繰り返すのが特徴です。

為替相場の8割はレンジ相場だと言われています。

レンジブレイク

一定の価格幅で値動きしていたレンジ相場から、

価格が上昇したり下降する現象のことをいいます。

レンジブレイクが起こると、トレンドが発生しやすくなります。

f:id:sevendream:20180825201113j:plain

 

¥1000 min trade: black