中卒サラリーマンが副業でお金を稼いでみる!

将来の為に今やるしかない(๑•̀ㅂ•́)و✧

まだ知らないの?いまさら聞けない仮想通貨の基礎まとめ

何だか難しそうなイメージの仮想通貨

f:id:sevendream:20180728134807j:plain

2016年頃から頻繁にニュースになっている「仮想通貨」。

暗号通貨やヴァーチャル通貨という呼び方もありますが、

現在は「仮想通貨」が一般的な呼び方です。

 

仮想通貨取引で1億円以上稼ぐ「億り人」と呼ばれる人もいました。

今回は、仮想通貨って何だ?ということをテーマに、

仮想通貨のイロハをわかりやすくまとめて行きます。

仮想通貨って何だ?

仮想通貨とは、わかりやすく言うとインターネット上に存在する「お金」です。

仮想通貨の反対語は私たちが普段使っている「法定通貨」です。

「円」や「ドル」といった、

国や国家間で定められた価値のお金を法定通貨と言います。

 

仮想通貨と法定通貨の違いは中央集権と非中央集権

f:id:sevendream:20180728135034j:plain

法定通貨と仮想通貨の違いは何なのでしょうか?

日本の法定通貨を例にその違いを見てみましょう。

 

日本の「円」は日本銀行が発行している「日本銀行券」

が法定通貨として使われていますね。

 

1000円札や5000円札、10000円札をよく見ると、中央の下部分に小さく

「日本銀行券」と書かれています。

 

紙ベースで発行されている日本銀行券は、お金として日本や国外で流通していますが、仮想通貨は当たり前ですが、紙幣や貨幣というものが存在しません。

 

インターネット上でやり取りされる「データ」が紙幣や貨幣の代わりになります。

ではその「円」の価値を決めているものは何でしょうか?

為替?政府?アベノミクス?

色々な要因によって価値が変動しますが、大きな差はありませんね。

 

それは、日本銀行という「中央集権」機構でお金の流通をコントロールしているからです。この中央集権という言葉を覚えておきましょう。

 

f:id:sevendream:20180728135145j:plain

仮想通貨は銀行や政府が管理しているお金ではないため、

「非中央集権型」とお金ということになります。

 

その為、価値の変動が激しく、仮想通貨ユーザー(トレーダー)のやり取りによって、価値が上がったり下がったりします。

 

この「価値のコントロール、中央集権か非中央集権」ということが仮想通貨と法定通貨の違いの一つです。

 

仮想通貨を作った人はサトシナカモト

仮想通貨を初めてこの世に送り出したのが、「サトシナカモト」という人物です。

名前だけ見ると、そこらへんにいそうな日本人と思うかも知れませんが、

実はその正体は謎に包まれています。

 

2008年に発表された論文から、エンジニアによって作られたのが

ビットコイン」です。

ビットコインは仮想通貨全体の価値を決める「基軸通貨」としての役割を持っており、ビットコインが生まれなければ、仮想通貨自体生まれていなかったことでしょう。

それくらいビットコインの仮想通貨界における役割は重要なものになっています。

ブロックチェーン=分散型台帳技術とは?

f:id:sevendream:20180728135454j:plain

仮想通貨を説明する上で外せないのが、

ブロックチェーン」という技術です。

 

ブロックチェーンは「分散型台帳技術」とも呼ばれている技術で、

取引台帳を複数に分散して管理しあうシステムです。

 

簡単に言うと、「取引記録をユーザー同士で分散してお互いに管理しましょう。」という考え方です。

 

・分散型台帳技術が優れている理由その①コスト削減

 

f:id:sevendream:20180728135606j:plain

どうして分散型で取引台帳を管理するシステムが仮想通貨を支える

と言えるのでしょうか?

その理由を法定通貨である「円」からひも解いていきます。

 

先ほど説明したように、法定通貨である「円」は

日本銀行という中央集権機構が流通量と発行量をコントロールしていますよね。

 

もちろん、その詳細な管理記録は、コンピューターで行われています。

日本銀行内にある複数の中央サーバーによって機能していますが、

この中央サーバーを管理、維持していくためには、

24時間体制でメンテナンスや、保守管理をしなくてはなりません。

 

その管理に使うコストが、非中央集権である仮想通貨には必要ないということがお分かりでしょうか?

中央サーバーを経由しないため、管理費用が低く抑えられていることもブロックチェーンのメリットです。

 

・分散型台帳技術が優れている理由その②低コストで高いセキリュティシステム

f:id:sevendream:20180728135719j:plain

もし万が一ハッカーから攻撃を受けて、

持っているはずの仮想通貨が無くなったとしても、他のユーザー達が管理しているため、すぐに復元し、盗まれた仮想通貨が使えなくなります。

 

このように、保守管理のためのコストや、ハッキングから守るためのセキリュティ面でも仮想通貨は法廷通貨と違う管理方法をとっているということを覚えておきましょう。

仮想通貨でここまで変わる私たちの生活

f:id:sevendream:20180728135844j:plain

仮想通貨が作られた頃は、1ビットコインあたり日本円で約0.07円という価値でした。

初めて使われたのは、2010年のことで、ピザ2枚(25ドル)と10000ビットコインが交換されました。

 

現在では1ビットコインあたり日本円で約90万円

10000枚のビットコインを今でもピザ屋さんが持っていたら、90億円になっています。

 

2018年の現代では仮想通貨はどんな風に私たちの生活に使われてくるのでしょうか?

ビックビックビクビックカーメラ♪で仮想通貨が使える!

f:id:sevendream:20180728140204j:plain

大手家電量販店であるビックカメラでは、商品を仮想通貨で購入することができます。

使用できる通貨はビットコインで、利用できる店舗は、

ビックカメラ全店舗とインターネット上のビックカメラ店舗「ビックカメラ.com」

仮想通貨で家電が買える時代になったということで話題になりました。

ホテルの宿泊費用も!サービス業界でも広がる仮想通貨決済

f:id:sevendream:20180728140526j:plain

ホテルの宿泊費用も仮想通貨で決済できる所が増えてきています。

 

東京 豪華カプセル 安心お宿 新宿店

大阪 Hotel Amaterrace 縁 -よすが-

京都 Comics & Capsule Hotel コミカプ 新京極店

 

ホテル以外でも、レストランやバー、カフェでも仮想通貨で決済できるお店が増えてきています。

間接的に仮想通貨が使えるようになったVISAブランド

f:id:sevendream:20180728140951j:plain

仮想通貨がここまで私たちの生活に密着するようになったきっかけは、

クレジットカードの国際ブランドである「VISA」の参入が大きいです。

 

VISAブランドのプリペイドカードサービスを仮想通貨で購入できるようになったため、仮想通貨でVISAプリカを購入して使うという手法により、色々なサービスに仮想通貨が利用できるようになりました。

 

仮想通貨はどうやって手に入れる?メルカリ?家電量販店で売ってる?

f:id:sevendream:20180728141119j:plain

仮想通貨はどうすれば手に入るのでしょうか?

なぜ、この項の目次名にフリマサイト「メルカリ」と家電量販店という言葉を入れたかおわかりですか?

「メルカリ」=個人間の売買

「家電量販店」=企業との売買

もちろん、メルカリや家電量販店では仮想通貨を購入することはできません。

しかし、仮想通貨専門の「メルカリ」や「家電量販店」で仮想通貨を手に入れることができます。

仮想通貨を買うには取引所への登録が必要

f:id:sevendream:20180728141256j:plain

仮想通貨を持っているユーザー同士が、

仮想通貨を取引する為に存在するのが、「仮想通貨取引所」です。

 

取引所といっても、東京都内や大阪市内にあるような証券取引所

のようなものではなくて、インターネット上にある取引所のことです。

 

仮想通貨はビットコインの他に、イーサリアムやネム、ビットコインゴールドといった、色々な種類があります。

 

それらの仮想通貨同士を物々交換で取引できるのが、仮想通貨取引所です。

もちろん日本円でも取引出来ます。

 

日本には多くの仮想通貨取引所があり、利用者が多く有名なところは

 

・コインチェック

・Zaif

・bitflyer

 

まとめ

仮想通貨のイロハについて解説してきました。

 

仮想通貨は今後、ビットコイン以外でも多くの企業や銀行が

発行することが発表されており、「知らなかった」、「興味がない」

と言ってられないものになります。

 

今の内に、最低限の知識を入れておいて損はないでしょう。

今後は、年金なども仮想通貨になる可能性も専門家が指摘していますから、

学ぶべきことは多くあります。

 

億り人を目指さなくとも、お小遣い稼ぎ程度に初めて、

徐々に知識を深めてみるのもいいでしょう。

 

仮想通貨が当たり前になる時代はもうすぐそこまで来ていますよ!